GASPARD KUENTZ

企画・監督 ガスパール・クエンツ

Profile / プロフィール

1981年パリ生まれ、現在長野在住。 高校時代に1年間日本映画上映会に通いつめ、日本映画に開眼。
フランス国立東洋言語文化研究院を卒業後、2003年に来日。 映画美学校を卒業後は、日本、インドやインドネシアを舞台にドキュメンタリー を制作、各国の映画祭で上映されている。 東京の実験ミュージシャンを追う『We Don't Care About Music Anyway...』 (ポーランドERA NEW HORIZONS国際映画祭2010年、ベスト・フィルム・オン・アー ト受賞)を監督した後、九州の夜神楽をはじめ日本中の祭りを取材しはじめる。 近年、日本から視野を広げ、アジア中の信仰及び祭を専門にし、2014年に北イ ンド・ビハール州のソネプール大祭をテーマに『Kings of the Wind & Electric Queens』を監督し、カナダのHot Docsドキュメンタリー国際映画祭にて中編グラン プリを受賞する。
二ヶ月に一度開催される『稲妻は万物の舵を取る』のトークイベントシリーズ に、東京国際映画祭アジア部門ディレクター・石坂健治氏、映画評論家・上野昂 志氏と参加している。

filmography / フィルモグラフィー

中・長編ドキュメンタリー

Kings of the Wind & Electric Queens』HD/56’/2014年 セドリック・デュピールと共同監督
Hot Docsドキュメンタリー国際映画祭2014年 (トロント・カナダ) 中編グランプリを受賞
We Don’t Care About Music Anyway...』HD/80’/2009年セドリック・デュピールと共同監督
Era New Horizons 国際映画祭2010年 (ヴロッツワフ・ポーランド) Best Film on Art賞を受賞
Traces de Vieドキュメンタリー映画祭2010年 (クレルモン = フェラン・フランス) Creative賞を受賞
Entrevues Belfort 国際映画祭2009年 (ベルフォール・フランス) One + One賞を受賞

短編映画

チンピラ is beautiful』オムニバス「839239」足立区編/DV/6’30’’/2006年